痛風の症状とその原因

痛風という尿酸が元の病気

痛風はプリン体が引き起こす

痛風は尿酸という物質が体の特定の場所、特に関節付近などに溜まって結晶を作ることで発生します。結晶は固いので、これが体内に出来るといわば針が体内に刺さったような状態になるわけです。そのため激痛が走るのが痛風の症状です。この尿酸の原料になるのがプリン体です。ビールなどの醸造酒に含まれている事で有名ですが、実は私たちの体の中に入っているプリン体は体外から摂取されているものは全体の2割程度に過ぎないと言われています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; あせらずに病気を治す All rights reserved