病気回復を願う花

病気の知人を見舞う時は

病気回復を意味する花言葉とは

病気の友人や知り合いにお見舞いとして花を贈る場合、回復を願った花言葉が込められている花を選ぶことをおすすめします。但し、一つの花に複数の花言葉があてられているものも存在すること、鉢植えの花は根付く(寝付く)と言われていることに注意しましょう。フラワーアレンジメントや、切り花とともに花瓶も添えるなどすると良いでしょう。病気回復を願う花は、ガーベラ(希望、神秘)、紫陽花(アジサイ、元気な女性)、シロタエギク(あなたを支える)、赤ホウセンカ(そっとして)、ひなげし・ポピー・ケシ・ゼラニウム・西洋なし(慰め)、メボウキ(良い望み)、プリムラ(運命を開く)、アルストロメリア(援助)、などがあります。

心の風邪はどのくらいで治る

心の病気は、回復したかどうかが非常にわかりにくいのが特徴です。診断上で数値として変化があらわれるわけではないので、良くなっているのかどうかの判断は非常に難しくなります。例えば、摂食障害の病気が治ったと思い、その人に「元気になったね」などと声をかけてしまうと逆に「太った」というニュアンスを与えてしまうため、再発することがあります。実際に心の症状が回復しきったわけではないので、むやみに声をかけて元気になったと伝えるのは逆効果になることもあります。周りの人はその点も注意して接することが必要になります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; あせらずに病気を治す All rights reserved