パーキンソン病治療法

バーキン病の治療法とは

パーキンソン病を治療したい

パーキンソン病の主な症状は、振戦・こわばり・歩行困難などです。 原因はドパミンという神経伝達物質が減少することにより、発症すると言われていますが、残念ながら詳しい原因はまだわかっていません。 もし気になるようでしたら、まずは内科・整形外科などのかかりつけの医師に相談してください。パーキンソン病の疑いがあると感じた場合は、専門である神経内科を紹介して、治療が必要かどうかを調べてくれます。 またこの病気とよく似ている「薬剤性パーキンソン症候群」と言う病気がありますが、これはスルピリドなどの薬による副作用です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; あせらずに病気を治す All rights reserved