パーキンソン病とは

パーキンソン病を緩和する

パーキンソン病の治療法について

パーキンソン病は、手足の振えや手足のこわばりなどを主徴とする神経変性疾患です。原因は不明ですが、神経伝達物質の一つドーパミンの減少が関係していることがわかっています。主に50歳以降に発症が多いのですが、早い人では40歳すぎに発症するといわれています。そのパーキンソン病の治療法の中心は薬物投与です。ドーパミンの減少が関係していることから、それを補充する形で行われます。また、手足の振え、こわばり、小刻みの歩行に対し、リハビリが行われることがあります。以上が治療の中心ですが、手術を行う場合もあります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; あせらずに病気を治す All rights reserved